フロアコーティングの特徴、メンテナンス方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家の床材を保護する方法として、フロアコーティングを施工することができます。施工をするためにはワックスがけをするよりも費用がかかりますが、耐久性が非常に高くて床材の保護効果が長期間にわたり持続するというメリットがあります。耐久性が高いことに加えて施工後のお手入れが簡単であるという特徴もあります。ワックスであれば数ヶ月~数年に一度の頻度で塗布し直す必要がありますが、このような面倒な手間は一切不要です。施工後は定期的に床の状態をチェックしたり、もしも何らかの原因で床に傷がついてしまった時も、アフターサービスとして補修をしてくれる場合があります。施工後の床の手入れが簡単で傷や破損を補修してくれるサービスが利用できるので、長い目で見ればかなりお得です。

日頃の掃除でお手入れをする方法とは

フロアコーティングを施工した後はワックスがけは一切不要で、簡単なお手入れをするだけで十分です。通常の掃除であれば掃除機をかけたり乾いた雑巾や掃除用のシートで乾拭きをする程度で済みます。もしも乾拭きでも落ちない汚れが付いてしまった場合には、固く絞った雑巾で水拭きをします。水拭きでも落ちない場合には中性洗剤を染み込ませた雑巾で拭き取り、その後に水拭きをして洗剤を落としましょう。
施工後は汚れが付きにくくなるので、通常の汚れであれば乾拭きや水にぬらした雑巾で拭く程度で済みます。油などの落ちにくい汚れが付いた場合でも、簡単に落とすことができます。ワックスがけをする必要もなく、簡単なメンテナンスだけで床を綺麗な状態に保つことができるというメリットがあります。

施工後のアフターメンテナンスサービスとは

フロアコーティングは施工後10年~30年間にわたり床を保護する効果が持続します。床の表面に硬い層が形成されるので、傷や紫外線から床を守ってくれます。保証期間中は日頃のお掃除は簡単なお手入れだけで済むのですが、傷がついてしまったり表面が剥離してしまうなどのトラブルが起こる場合があります。このような場合に備えて、施工後も定期的に床の状態を調べて必要であれば補修をするアフターケアのサービスが実施されます。施工時の瑕疵はもちろんですが、ユーザーが誤って付けてしまった傷や破損の修復作業も無料で実施してくれる場合があります。保証期間は施工時に選ぶことができ、耐用期間中にわたりメンテナンスサービスを受けることも可能です。施工後でもアフターケアのサービスを受けることができるので、自分でモップがけをするよりもトータルコストを低く抑えることができます。

ピックアップ記事

耐久性に優れたフロアコーティングを依頼しよう

住宅の床は毎日歩行をしているので、傷や汚れが付きやすく、施工をしてから年数が経過すると少しずつ老朽化してきます。小さなお子様や高齢者、ペットなどのおられるご家庭では、安全性を重視したいので滑りにくく、...

フロアコーティングを施工するメリット

フロアコーティングはフローリングに対して塗料などを使って塗膜を作り汚れや傷に対して強くするというものです。フローリングは時間が経てば傷ついてしまいますが、これを塗膜により保護することを目的としています...

フロアコーティングの特徴、メンテナンス方法とは

家の床材を保護する方法として、フロアコーティングを施工することができます。施工をするためにはワックスがけをするよりも費用がかかりますが、耐久性が非常に高くて床材の保護効果が長期間にわたり持続するという...


コンテンツ

カテゴリー